生い立ちから英国留学まで

1. 高岡で生誕後、すぐに金沢へ移住
2. 長崎留学後、関西へ
3. 工部大学校入学後、英国へ留学

高岡で生誕後、すぐに金沢へ移住

高峰譲吉は、1854年11月3日に越中国高岡(現・富山県高岡市)の御馬出町(おんまだしまち)で、加賀藩御典医、高峰精一の長男として生まれました。母の津田幸子(ゆき)の実家は同じく高岡で鶴来屋(酒造業)を営んでいました。生誕の地は高岡市の所有で「高峰公園」として整備され、顕彰碑と胸像が建っています。

翌年、父が加賀藩の学問所「壮猶館」への勤務が命じられ、加賀国金沢城下の梅本町(現・石川県金沢市)へ移住します。

高峰譲吉生誕の地(高岡市高峰公園)

譲吉の育った家、金沢市黒門緑地。提供:高峰譲吉博士ゆかりの会

長崎留学後、関西へ

7歳から加賀藩藩校の明倫堂にて学び、1865年(慶応元年)、11歳の時、留学生に選ばれ、長崎で3年間英語などを学びます。譲吉が在籍した長崎の致遠館は、オランダ人宣教師グイド・フルベッキが英語教師として迎えられ、多くの俊秀を輩出、明治の立国を助けました。致遠館の同窓生には、小村寿太郎(外務大臣)、大隈重信(総理大臣、早稲田大学創立)らがいます。

父:精一と加賀藩の藩校「明倫堂」の扁額

長崎留学の少年たち。譲吉は右から2人目(写真:金沢ふるさと偉人館提供)

オランダ人教師:グイド・フルベッキと長崎の佐賀藩校致遠館跡

その後、1868年(明治元年)、京都の兵学塾、1869年(明治2年)、大阪医学校、大阪舎密(せいみ)学校、七尾語学所にて学びます。(譲吉15歳)

工部大学校入学後、英国へ留学

1873年、工部大学校(後の東京大学工学部)第1期生として入学、6年間応用化学を学び、首席で卒業した譲吉は、翌年、英国に留学します。

現在の虎ノ門あたりにあった工部大学校(現在の東京大学工学部の前身)

譲吉が渡英して学んだ「アンダーソン・カレッジ(現ストラス・クライド大学)」 は、産業革命の中心地スコットランドのグラスゴーに位置し、大学ではミルズ先生から発酵(醸造)の科学原理を教えてもらいました。1883年、米国経由で帰国し、農商務省に入省、工務局勧工課に勤務します。

譲吉の留学先:スコットランドのグラスゴーとアンダーソンカレッジ(1895年ごろ)

科学の先駆者・発明家として➡