高峰譲吉博士研究会

お知らせ

第2回高峰譲吉博士研究会会員交流会のご報告


昨年12月7日、第2回目となる高峰譲吉博士研究会の会員交流会を開催いたしました。

前回の2018年は、北陸地方(高岡・金沢)での開催でしたが、今回は東京が会場となりました。当日はあいにくの雨にもかかわらず、高岡・金沢はもとより、名古屋、大阪、香川、福岡など全国各地から会員及びゲスト、メディアの方々にご参加いただき、約40名が集まりました。





まず事務局より、会の主旨、歴史、現在の活動状況の説明がありました。その後、清水理事長によるご挨拶、役員紹介と続き、別府顧問による乾杯のご挨拶から歓談へと移りました。






歓談後、ゲスト及び会員より、それぞれの活動状況を発表して頂きました。その内容を一部ご紹介します。

1)松楓殿移設について:高岡商工会議所 荻原氏・大井氏

2020年春をめどに、NYから高岡市商工会議所ビルに松楓殿の一部移設が計画され、現在作業が進んでいます。現状の報告とふるさと納税の呼びかけがありました。




2)未来の高峰譲吉博士は君だ! 発酵産業活性化プロジェクトの報告:金沢工大 相良准教授

2019年11月の北陸講演で訪問しましたが、今年で5年目となる高峰博士関連プロジェクトと金沢工大の活動についてご報告頂きました。なお、プロジェクトの対象人数は5年間で2000名に及ぶそうです。




3)高峰譲吉博士ゆかりの会:豊原事務局長

2019年9月1日に開催された、高峰譲吉ゆかりの地を巡るバスツアーの報告とゲスト(高峰博士の2番目と6番目の妹の曾孫)の紹介をして頂きました。




4)「さくらさくら」「TAKAMINE」:市川徹監督

2011年公開の高峰譲吉映画製作の振り返りと最近の活動をご報告いただきました。




5)黒部電源開発と高峰譲吉:旅館「延楽」 濱田氏

地元宇奈月と高峰譲吉の関わりについてご報告いただきました。その熱の入ったお話は皆に改めて高峰博士の偉大さを感じさせるものでした。

濱田氏は宇奈月温泉旅館協同組合の理事長であり、老舗旅館「延楽」の社長を務めています。




6)麹ウイスキーについて:酒商菅原 土師氏

福岡からご参加頂きました。高峰譲吉がアメリカで果たすことのできなかった「麹を使ったウイスキー」を再現し、流通を広げています。会場では試飲もさせて頂き、多くの方々が絶賛していました。ますますのご活躍をお祈りいたします。






7)加賀と高峰譲吉について:㈱丸八製茶場 丸谷氏

地元加賀と高峰譲吉の関わりについてお話し頂きました。
丸谷氏は創業150年を超える老舗・(株)丸八製茶場(加賀棒茶)の会長でもあります。




8)上中啓三(アドレナリン発見、高峰譲吉の助手)について:上中誠男氏、義男氏

上中啓三のお孫さんにあたる、御兄弟に揃ってご参加頂きました。当日、啓三氏のアドレナリン実験ノート(複製)をご持参いただきました。




最後は、庄田隆理事より締めのご挨拶がありました。庄田理事は、高峰博士が初代社長を務めた三共(株)の7代目社長であり、第一三共(株)の社長も務められました。挨拶の中に、「自身も金沢に縁があり、高峰さんに対する情報は色々と知っていたが、黒部の電源開発については余り知らなかった。濱田氏の話が興味深く、大変参考になりました」との話がありました。




また折を見て、皆さまが交流できる場を設けたいと考えています。引き続き、研究会へ活動支援頂ければ幸いです。




(文責:事務局、記事作成:令和2年1月24日)